2010年02月28日

初打合せ

新たに仕事をすることになった取引先と、初めての打合せ。

その取引先とは、ボクが直接やり取りすることが無かっただけで、同僚とは何度か仕事をしていたのですが、聞かされる話はいつもダメダメな話ばかり。社内の横の連携が全然出来ていなくて、社内未調整の話を平気で客先に持ってくるようなことをしたエピソードは枚挙に遑なく。そんな話ばかり聞かされていたものだから、かなり警戒して初打合せに望んだのですが、これが意外と好印象。いきなりの難局にも、保険的要素も含め、いろいろと対応してくれている様子。

このまま好印象が持続することを祈るばかり。
posted by こうへい at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家庭内LAN

家庭内LANで迷っています。

光回線からモバイル回線に変わって、家庭内LANが難しくなりました。モバイル回線のデータ通信装置はUSB接続なので、パソコンに繋ぐことが前提ですが、パソコンに繋いでしまうと他の機器との回線共有が出来ません。調べてみるとWAN回線側にUSB接続のデータ通信装置を繋ぐことが出来るルータが存在しているようですが、これがいまいちイケてません。仮住まいが終われば、完全に用無しになってしまうようなスペックのものばかり。

半年間我慢するか、無駄金を使うか…(悩)。
posted by こうへい at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地縄張り

地鎮祭の前日には地縄張りがしてありました。

地縄張りしてあるのは前日夜に見て知っていたのですが、明るいところで見るのは地鎮祭の日が初。第一印象…
「デカッ!!」
営業担当曰く「地縄の時が一番小さく見えるんです」。過去には地縄を見て「こんな大きさでは生活できない」と、設計変更を言い出した顧客が居たというエピソードを披露してくれましたが、ボクは地縄の状態でも既に「デカッ!!」。実際に床や壁や天井が出来ると、印象は変わると言うけど、大きい方向に印象が変わるとすると、とんでもなく大きなものが出来てしまうということでしょうか。

逆に心配になってきました(汗)。
posted by こうへい at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地鎮祭

いよいよ地鎮祭です。

二月とは思えない記録的な暖かい大安の日、地鎮祭を行いました。ハウスメーカーからは営業、設計、工事の各担当が揃い踏み。加えて施工を担当する工務店からも二名ほど。
地鎮祭に必要な手配の一切はメーカー側にお任せしてありましたが、ちゃんとした神社のちゃんとした神主さんが、ちゃんと取り仕切ってくれました。埋め戻した井戸まで丁寧にお祓いしてくれたのが、特に良かったです。

普段はそんな気のないボクでも、ちょっと厳かな気分になりました。
posted by こうへい at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全自動洗濯機

全自動洗濯機の話。

「全自動洗濯機は時間が掛かって電気代が無駄。水もたくさん使って効率が悪い」と毛嫌いしてきた母。しかし、仮住まいは洗濯機置場が屋内で超狭いので、水がこぼれやすい二槽式洗濯機は現実的ではありません。仕方なく二槽式洗濯機は廃棄して、十数年前に買った全自動洗濯機を持ってきたのでした。そんな母が全自動洗濯機を使うようになって一ヵ月足らず。
「全自動は便利やなぁ」
多少の時間は掛かっても、その間に他のことを出来る便利さを、やっと実感を持って理解したみたい。

高齢者の頑なさは、こんな理解不足から来るんですかねぇ。
続きを読む
posted by こうへい at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三回目の車検

丸七年を迎える我が愛車は今年車検。

購入店舗が統廃合で無くなってしまい、統合後の店舗が遠いので、車検に合わせて近所の店舗に変わってしまおうと思っていました。が、営業担当は偶然に我が家の解体工事を見たらしく、すぐに電話が掛かってきました。そんな営業の強運に免じて、また同じ営業に車検をお願いすることにしました。
特に悪いところもなく、若干の消耗品交換程度ですんなり終了。

相変わらず、走行距離は全然伸びてませんが(笑)。
posted by こうへい at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道路後退(2)

解体工事が終わって、地鎮祭までの間の話。

ある日の会社帰りに現場に立ち寄ってみると、道路後退線に合わせて、杭が点々と打たれていました。昼間に通りかかった母によると、測量屋さんを入れて、境界を出していたとのこと。我が家の道路後退によって、我が家の前面道路だけが極端に広がってしまうことを少し懸念していたのですが、後退幅はそれほど大きくなく。

我が家の車両出入りにも少しはメリットあるかな。
posted by こうへい at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道路後退(1)

自宅前面の道路の話。

過去に行われた自宅周辺の住宅開発の際に、自宅前面の道路は実態としてほぼ4m以上の幅員が確保されました。が、4m以上が確保されているのは、我が家の前だけ。車両対向のために、お向かいの敷地が大きく後退して4m以上が確保されたのでした。
実態として道路幅員は4m以上あるのですが、市は道路中心線から両側に2m以上後退することを求めました。そうしなければ、道路がガタガタになってしまうので、やむを得ない話ですが。

我が家も少しばかりセットバック。
posted by こうへい at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事終了

解体工事は概ね終了。

解体のために建て込んであった防塵シートは全て取り払われ、敷地全体が重機で綺麗に整地されました。新居にも流用することになっている南側のコンクリート塀、それと下水の最終ますを除いては、一切の構造物が撤去解体され、ホントに何にも無くなってしまった我が家の敷地。予定よりも少し早めに終わってしまいました。

あとは地鎮祭に向けて準備ですね。
posted by こうへい at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事10日目

解体工事もいよいよ大詰めの10日目。

これまでの作業ではずっと手付かずだった、裏庭にあった一本の井戸。地上部の枠は撤去、地下部の枠は埋殺し。息抜きの管を入れて、綺麗な砂がこんもりと山になるくらいに埋戻しされました。
昔は良く水の湧いた井戸で、夏にスイカを冷やしたりしていたものですが、河川の付替えがあったころから地下水位が下がったらしく、ほとんど水が出なくなりました。

井戸も長らくお疲れさま。
posted by こうへい at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事9日目

解体工事は9日目。

分別搬出の関係で敷地内に残されていたコンクリート殻などもほとんど無くなり、敷地の全容が露わになってきました。今までは建物があったので、敷地の広さをそれほど感じたことはありませんでしたが、更地にしてみるとその広さを実感。ってか、広すぎます(汗)。

建売住宅なら数軒は建てられるはず。
posted by こうへい at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事8日目

解体工事は8日目。

この日の解体作業で、外周部のコンクリート塀のうち、撤去対象になっていた部分がすっかり無くなりました。隣地側で建てた塀は、三段積み程度の低い塀だったので、今まで見えなかった隣地側の駐車場はもちろん、遙か向こうの家屋の姿までが丸見えです。風通しは良くなりましたけど、保安上はよろしくない感じ。

やはり新居の塀は必要だな、と感じた次第。
posted by こうへい at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事7日目

解体工事7日目は、工期最初の日曜日。

予定された工期にも余裕はありますし、さすがに日曜日は作業していませんでした。あと解体が残っているのは、敷地外周部のコンクリート塀、ガレージや門廻りの土間コン、それと井戸の埋戻しくらいです。作業後の状況を毎日確認しているだけで、作業中の状況は全く見ていませんが、丁寧な仕事をされている様子。

乱雑にぶち壊すかと思っていたので、ちょっと意外。
posted by こうへい at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

解体工事6日目

6日目の解体工事で、母屋が無くなってしまいました。

1950年の建築、しかも古材を多用したという我が家。ちょうど棟上げしたような時期にジェーン台風の直撃を受け、暴風の中で揺れながら建っていたという我が家。隣県の震度1でさえ分かってしまうくらい、地震には敏感だった我が家。度重なる地震で家が歪んで、引き戸が動かなくなった我が家。そんな我が家も、築60年目にして遂に解体に至りました。

今までお疲れさまでした。
posted by こうへい at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事5日目

解体工事は5日目です。

離れの解体に続いて、母屋の解体です。それなりの大きさのある建物なので、さすがに一気にぶっ壊す訳には行かなかったみたい。今日は西側半分が無くなっていました。かつて屋根裏に上がったことがある母によると、ゴミのようなガラクタが屋根裏にいっぱいあるとのことでしたが、そういうものの搬出も意外と大変だったのではないかと想像されます。

工事は思ったよりも早く進んでいる印象です。
posted by こうへい at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

解体工事4日目

解体工事は4日目に突入。

解体工事4日目は、建国記念の日で全国的に祝日。建設業界では職人さんの手配の関係から、工期が迫っているとか、その日にしか出来ない工事がある場合は別として、日曜日と祝日は標準的に休み。解体工事もたぶん休みだろうなぁ、とは思いましたが、念のために現場見学にお出掛け。案の定と言うか予想どおりと言うか、現場はお休み。

明日からまた、事故の無いよう頑張ってください。
posted by こうへい at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事3日目

解体工事は3日目。

例によって暗闇の現場で、解体状況を確認。今日の解体作業で、伯母が住んでいた離れの部分が、綺麗サッパリ無くなってました。独り暮しの伯母を引き取るにあたって改装した離れですが、使い切るところまで行かないまま解体撤去。もったいないと言えばもったいないけど、残しておいても邪魔になるだけで意味がない。

解体作業は順調そのものです。
posted by こうへい at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事2日目

解体工事は2日目。

昼間は仕事があるので、観察するのは業者の帰った後の暗闇の現場。暗闇の中でパッと見た感じ、少しばかり破壊の程度が進んだくらいで、昨日とほとんど変わっていないように思えました。二日目から現場休みなんてあり得ないと思って、目を凝らして違いを探すと、瓦がすっかり無くなってました。
あの、いつ踏み抜くか分からないようなグズグズの屋根で、昔ながらの重たい瓦を下ろすのは、さぞ大変だったことでしょう。

職人さんの苦労を思いつつ、帰宅しました。
posted by こうへい at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解体工事1日目

二月八日から自宅の解体工事に着手しました。

会社帰りに少し寄り道をして、工事現場を観察してきたのですが、一日目は我が家の敷地の全周に仮囲いが建て込まれていました。片隅には工事看板も設置され、「施主」としてボクの名前がデカデカと書かれていました。
まずは解体工事に必要な車両や重機を、敷地内に取り込むための動線を確保しなければならないので、門構えがどーんと盛大に取り壊されていました。

これで車両も重機も入り放題。
posted by こうへい at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイムカプセル

瓦落としの日に撮った写真を現像しました。

デジカメ全盛の時代ですが、何となく昔に使っていた35mmカメラを引っ張り出してきて、銀塩写真を撮ってあったのでした。写真を幾つか撮ったところでカメラの電池が切れ、フィルムを巻くことも出来ずに放置していたカメラ。再び電池を入れてから、残りフィルムを使って撮ったのですが、フィルムに刻印された日時は「'00.12.24」。ゼロ歳児だった娘が写った写真が出てきました。

娘も間もなく十歳ですか…。
posted by こうへい at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話切断4

電話線切断の後日談パート2。

更に数日後の勤務時間中のこと。またしてもケータイに電話がありました。
「今から電話工事に行かせてもらおうと思うんですけど…」
聞いてみると、NTT西日本から光ファイバを切断するように工事手配書が来ているという工事業者さん。今日が工事指定日で立会ありになっていると言うけど、そんな話は全く聞いていませんし、そもそも工事対象の線は既にありません。その線は既に撤去されて無くなっていること、ONU・CTU・電話アダプタも回収されたことを説明すると、「そうですか…」と電話を切りました。

NTT西日本に振り回された工事業者さんがかわいそうです。
posted by こうへい at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話切断3

電話線切断の後日談。

電話線を綺麗さっぱり切ってもらった翌日のこと。仕事中、ケータイに電話が掛かってきました。相手は昨日電話線を切って帰った工事業者さん。
「昨日、作業させてもらったんですけど…」
ボクが言うままに切断作業はしたけど、NTT西日本からの作業手配書が回ってなかったらしい。四本の線のうち一本については立会を求められたこと、残る三本の工事手配が間に合わない場合は勝手に切断しても良いと言われたこと、その後の工事手配については話が無かったことなどを説明しました。NTT西日本の受付担当の名前を教えると、あとはこちらで何とかします…、と電話を切りました。

善意の第三者的な工事業者さんには申し訳ない感じ。
posted by こうへい at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

実物大パズル

荷物に溢れた仮住まいを、生活できる空間にするのは大変。

予め確認してあった部屋の大きさや収納と、自分の荷物の量とを考えて、だいたいの部屋の配置は考えていたつもりでした。が、いざ置いてみると、コンセントの位置が悪くて延長コードが大量に必要になったり、テレビのアンテナが届かなかったり。狭い部屋で荷物をあっちへやりこっちへやり、絨毯を敷き直したりして、ひどく疲れました。

実物大のパズルをやってるみたい。
posted by こうへい at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瓦落とし

引越し翌日は瓦落とし。

実際の解体着手予定日は、お日柄がよろしくないみたい。そのため、瓦落としだけを引越し翌日にやることになりました。ボクが仮住まいの電話工事に立会している間にサクッと終わってしまったのですが、母屋の瓦を何枚か外して破壊されてました。
祖父が自ら建てた家屋、父が自ら建てた風呂、そしてボクが三十ウン年間も過ごしたこの家が、失せてしまうことには寂しさも覚えますが、この家ももう築六十年。基本構造的にももう限界です。

せめて写真だけでもと、あちこち写真を撮りました。
posted by こうへい at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

ガス切断

月曜午後からはガス切断です。

月曜午前、電気は勝手に引込線を切ってメーター撤去して帰りましたが、ガスの方は立会が必要だということでした。閉栓と切断が別部隊になるらしく、月曜午前にガス閉栓、午後にガス切断で手配しました。取壊しの支障にならないように、敷地境界ギリギリのところでガス管を切断してもらいます。埋設されたガス管を掘り起こして切断した上で、標示杭を立てて工事完了確認の署名を求められるまで、だいたい一時間強。

雨の中の屋外作業で、何かと恐縮です。
posted by こうへい at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話切断2

正午を過ぎても現れない工事業者にしびれを切らせて電話しました。

状況を伝えると、確かに工事予約は入っていることが確認され、折り返し連絡させます、とオペレータは電話を切りました。すぐに工事業者から電話が掛かってきましたが、立会工事だとは伝わっていなかった模様。工事業者に罪は無さそうなのに、平身低頭な感じで逆に恐縮。
冷たい雨のそぼ降る中、高所作業車で四本の通信線を切って、ONU、CTU、電話アダプタを回収して帰って行きました。

電柱との線の繋がりが無くなった自宅は、妙にスッキリ。
posted by こうへい at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話切断

自宅には四本の通信線が繋がってました。

ひかり電話化する以前のアナログ線が二本、光ファイバ線が一本、伯母名義のアナログ線が一本。ボク名義のものは、こちらで切っても良いと言われてましたが、伯母名義の回線を切るよう電話をしたときには、工事に行きますからと立会するよう求められていました。引越し翌日の月曜午前に工事を設定してしまったので、引越後の空っぽの家に母を送り込んで待ってもらっていたのですが、工事業者は現れず。

どないなってんねん、NTT西日本。
posted by こうへい at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電話開通

引越し翌日は何かと多忙な一日。

引越日が日曜日だったので、平日にしか対応してもらえないものは翌日の月曜日に設定してました。ところが月曜日に集中させた結果、ちょっとブッキングミス気味になってしまいました。
まずは仮住まいの電話の開通工事。特に難しい注文を出しているわけではありませんでしたが、NTT西日本側での先の不手際があったので敢えて警戒。工事に来た人との話の中で、少し引っ掛かりがありましたが、工事自体はサラッと済ませて帰りました。

引っ掛かりは後に明らかになるのですが。
posted by こうへい at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。