2010年03月31日

大掃除

人事異動のために身辺整理。

数年間分の仕事の垢ともいうべきものが、ドカドカと出て来てしまいました。今さら見ても何のことかさっぱり分からない走り書きのメモ、手書きであちこち朱書き訂正された設計根拠、前任者が置いて行ったけど使うことの無かった引継ぎ書類など。紛失したと思い込んでいたものが出て来たり。ボクが見て分からないものは、後任者が見ても分からないはず。

整理したり処分したり、忙しかったです。
posted by こうへい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルト固定

一部に鉄骨のボルトが入っていないような…。

現場をあちこち見て回ると、ボルト穴はあるのにボルトが通っていないところがチラホラ。もちろん、ボルト穴があるところ全てにボルトを入れるわけではないのは分かるのですが、よくよく考えてみると、どういうところをボルト固定するのか、またボルト固定しなければならないところがちゃんと固定されたかどうかをどのように管理しているのか、と、疑問がフツフツと湧いてきました。

早速、工事担当に問合せ中。
posted by こうへい at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

鉄骨組立(3)

鉄骨組立は更に進捗。

二階の梁が取り付けられ、それに併せて外壁と窓、二階の天井までが概ね形を現しました。屋根とベランダがまだありませんが、建物の大きさがほぼ見て取れる感じにはなりました。中に入ってみると、鉄骨の柱や耐震フレームが剥き出しになっている以外は構造物が何にもないので、ただやたらに広いだけ。設計時に気にしていた隣家の窓との関係も、実物の窓が付いてみると、それほど気にならない感じかな。

逆に隣家がプレッシャーかもね(毒)。
posted by こうへい at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼酎一升

昇任内示のあった日、同僚がお祝いしてくれました。

職場の近所の焼鳥屋で乾杯。職種が違うとか入社年度が違うとか、条件的な違いがあって単純には比較できませんが、お祝いしてくれた同僚もボクと同世代。背負うもののない再独身のボクに比べ、妻子あり、かつ住宅ローンありの彼らのほうがずっとずっと昇任(とそれに伴う昇給)を熱望しています。そんな彼らにお祝いされるのは、据わりの悪い微妙な感じ。

六人で焼酎一升、空けました。
続きを読む
posted by こうへい at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昇任内示

新年度の役職者に対する異動内示がありました。

うちのグループの役職者は昨春の異動してきたばかりなので、異動は無いだろうと思っていたところですが、何とボクに昇任付の異動内示(驚)。この職場も長いので、周囲からも異動自体は確実視されていたのですが、昇任はちょっと意外。ポストになかなか空きがなく、職員の平均年齢が上がるに連れ、昇任年齢も上がっている昨今。ボクの昇任はそれほど速いわけではありませんが、このタイミングとは…。

自宅建築で何かと忙しいところが、更に忙しくなること確実。
posted by こうへい at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄骨組立(2)

鉄骨を上に延ばして行くのかと思いきや。

一階の外壁と窓、そして二階の床版が取り付けられました。二階に柱だけが建ちましたが、梁はまだありません。当然、壁や窓はまだありません。壁が出来て、何とはなく建物らしさが出て来ました。
二階に床版が取り付けられたことで、柱しかない二階に上がってみましたが、基礎の立ち上がりが大きいせいか、思った以上に高くて見晴らしは良い感じ。

楽しみ、楽しみ。
posted by こうへい at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

鉄骨組立(1)

今日も朝から雨でしたが、現場は着々と進捗しています。

一階部分の鉄骨がほとんど出来上がってしまいました。更に一階は全域にわたって床版が敷き込まれ、二階へ繋がる鋼製階段も設置されていました。時間が無かったのでサラッとしか見られませんでしたが、鉄骨固定のボルト締結の管理方法がちょっと気になりました。マーキングは打たれているようでしたが、それを誰が全数確認するのか、施工途中で確認しないと見えなくなってしまうところもあるのではないか、とちょっと心配。

工事担当に確認しないと。
posted by こうへい at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

先行足場

躯体工事に先立ち、先行足場が建て込まれました。

朝から雨が降ったり止んだり、午後からは本降りになった今日でしたが、粛々と足場工事は進められた模様。足元が悪かったので作業は大変ではなかったかと、現場の泥濘に残された足跡から推察されます。
それにしても、足場の大きさから想像される建物の大きさは、相当な大きさです。設計図やパースから想像していたものよりも、まだ大きいのかも知れません。

次は躯体工事ですね。
posted by こうへい at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

麦酒グラス

缶であっても麦酒は注いで呑む派、です。

ところが、仮住まいへの引越直前、ボクのお気に入りグラスは割れてしまいました。引越し荷物を増やすわけにも行かず、新しいものは買わずにこれまで来ましたが、ボクのグラスはカップ酒のグラス。さすがに麦酒には不向きで、容量も泡立ちも見た目も不満。
安物ですが、新しいグラスを買いました。手にしっくりと来る持った感じがお気に入り。

麦酒が進みそう(汗)。
posted by こうへい at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐車場

外構の打合せをしました。

後日変更予定で契約した外構工事ですが、引越しのドタバタも落ち着いたので仮住まいで打合せ。大枠はだいたい決まっているのですが、懸案は駐車場の作り方。将来的なことや来客のことも考えて、駐車エリアを二台分確保することにはなったのですが、二台分の間口が必要か、クルマは当面一台なのに二台分の屋根を作るか、という二点が大問題。

悩んだあげく、間口一台分、屋根二台分で決着。
posted by こうへい at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予約せず

歯科検診は概ね三ヵ月毎。

いつものように全体的なチェックと歯石取り、そしてブラッシング指導でしたが、特に異常も発見されずに一回で終了しました。
都合により前後することはありますけど、概ね三ヵ月毎の検診。受診時に次回検診の予約を入れておいたりするのですが、次回となると年度替わりしたあと。自他共に認める今春の異動対象者ですし、仕事がどんな感じになっているか想像も付きません。

「また電話します」と、予約せずに帰ってきました。
posted by こうへい at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

高評価

会社の人事面談がありました。

組織の長、あるいはそれに準ずる職階の上司と話す機会になるので、人によっては火花散る労使交渉の場になったりするようですが、ボクのはただの雑談の場。人事評価についても評価内容が開示されましたが、頑張っても評価されなかったりした過去の経験からすれば、それほど頑張っていないのに高評価されたことも、まぁ納得。評価のために仕事をしている訳ではないので、どっちでもエエんですけどね(笑)。

今春は人事異動しそう。
posted by こうへい at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒くない

仮住まいに引っ越してもうすぐ二ヵ月。

某ハウスメーカーの建てた集合住宅で、間もなく築13年。あちこちにガタが来ていることは感じられますが、かつての我が家と最も違うのは寒さ。家を閉め切っているのに、外の風に合わせて部屋のカーテンがパタパタとはためいたり、冬の朝は部屋の中でも息が白かったり、暖房を止めたら一時間も経たずに室温が一桁に下がったりと、とにかく寒い家でしたが、ここではそんなことは一切なし。

今どきこれがフツーなんですよね(汗)。
posted by こうへい at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速っ!!

ハウスメーカーの工事担当から連絡がありました。

地鎮祭の後で工事全体の大工程は聞いたものの、ボクが見たい作業の日がいつなのかが分からなければ、立ち会うことすら出来ません。もう少し詳細な計画工程が知りたいと伝えておいたので、わざわざ連絡をくれたのでした。工事担当によると、来週から先行足場を組み上げて、来月始めには躯体の骨組みがほぼ立ち上がってしまうとのこと。

工業化住宅の現場は速いですね。
posted by こうへい at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取引終わり

某金融機関との取引を終了させました。

あちこちに散らばった金融口座の整理は、ちまちまと進めているところです。本人確認が厳しくなったことで、基本的に名義人が手続きに行かなければならなくなりました。金融機関は平日昼間しかやってませんから、ボク名義の口座手続きは休暇を取らなければ出来ません。ちょっとした手続きのために、休暇や電車代が必要になるような取引は面倒この上ありません。

かなり整理は進んできました。
posted by こうへい at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埋設配管類

埋め戻し時に、埋設配管類も同時に施工されてました。

建物に降る雨水の排水処理、台所・洗面・風呂・便所などの汚水の排水処理については、幾つかの集水枡が地上に顔を出していたり、基礎の箱抜きを使って接続されているのが見て取れました。塩ビ管の立ち上がりが幾つか作られていたのは、水道管でしょうか。ガス管は後からやるのかな。何やらホース状の材料が、敷地の片隅に搬入されていますが…。

想像が膨らみます。
posted by こうへい at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埋め戻し

基礎脱型が終わり、掘削部は埋め戻されました。

埋め戻しに先立ち、基礎の立ち上がり部分の外面側には吹付けが施され、地際になるコンクリートの表面保護がされました。敷地の片隅に山積みにされていた現場発生土で、掘削されていた基礎周辺は埋め戻されました。が、それでも現場発生土の山が少し小さくなっただけで、相変わらず大きな山積みが残ったのは、打設された基礎が大きかったから。

残った土は搬出処分ですね。
posted by こうへい at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎脱型

中五日ほどで脱型されました。

例によって夜の散歩の暗闇の中、懐中電灯を片手にあちこち確かめましたが、コンクリートは綺麗に仕上がっていました。鋼製型枠だったので、型枠が変に変形したりすることもありませんでしたし、バイブレータで良く揉んでいたので、ジャンカやあばたも認められませんでしたし、一回打ちしたことで、コールドジョイントもありませんでした。

良く出来ました。
posted by こうへい at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腕時計

母の誕生日プレゼントは腕時計にしました。

出掛けるときには慌てて時刻合わせをしている母。そもそも今どきではない安物の腕時計なので、時刻はいつも狂いまくり。使うときだけ時刻合わせをしています。しかも、肝心な時にはしばしば電池切れ。
以前、防水でもないのに洗ってしまっただとかで、必死に乾燥してました。が、腕にはめて体温が伝わると、内部に入り込んだ湿気で文字盤が曇ってしまい、肝心の時刻が分からない(笑)。

防水仕様の太陽電池付電波腕時計で、喜んでくれるかな。
posted by こうへい at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老眼は幸せ

粘着テープを使ったカーペットクリーナーの話。

カーペットに付いた糸くずや髪の毛などが良く取れるので、我が家では昔から当たり前に使っています。しかし、伯母は知っていたものの使ったことが無かったみたい。我が家のクリーナーを使ってみたところ、自分が老眼で見えていないだけで、自分の部屋が恐ろしく汚れていることに気付いたのでした。自覚が芽生えた結果、もうそこら中、必死に掃除し始めました。

見てしまったんだから仕方がない…(苦笑)。
posted by こうへい at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

母の誕生日

ほとんど忘れかけてました。

天気の都合で基礎打設の日にちがズレたことで、奇しくも母の誕生日に基礎打設になりました。それはそれで一つの忘れ得ぬ記念にはなりましたが、それ自体は偶然の産物。休みは取っていたので、ちょこっとご飯を食べに出掛けはしましたけど、プレゼントの手配は間に合わず。激動の引越しを乗り越え、何とかここまで漕ぎ着けられたのは母のお陰。

プレゼント、何がイイかなぁ…。
posted by こうへい at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一回打ち

夕方、再び現場を覗きに行きました。

もうコンクリートの打設作業はすっかり終わり、基礎はシートなどを使って丁寧に養生されていました。シートを少しばかり捲ってみると、綺麗に打たれたコンクリートが見て取れました。基礎がかなり大きく、ボリュームがそこそこあるので、二回打ちされたら嫌だなと思っていたのですが、しっかり全てが綺麗に一回打ちで仕上げられていました。

脱型が楽しみ。
posted by こうへい at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎コン打設

朝からコンクリート打設です。

見に行ったときには、もう半分弱程度まで打ち終わった感じ。ミキサー車とポンプ車を使って、思った以上の大人数で打設してました。バイブレータを使って、隅々までコンクリートが回るようにしたり、ブラシを使って表面を馴らしたりと、丁寧な仕事ぶり。ポンプ車の時間管理もきっちりされていて良かったです。

肌寒い中で作業されていたので、温かいものを差入れしておきました。
posted by こうへい at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基礎検査

外せない仕事は無事に終わりました。

仕事が一段落したので、取り敢えず翌日は休みを取りました。仕事帰りに自宅の現場に立ち寄ってみると、現場は前日の状態のまま。コンクリート打設は翌日になったみたい。工事担当から自宅に電話があったそうで、元請けによる基礎型枠の検査が終わったので、明日コンクリート打設だとのこと。

都合良く、コンクリート打設を見られることになりました。
posted by こうへい at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諦め半分

型枠完成の翌日は雨。

さすがに雨の中のコンクリート打設はありませんでしたが、その翌日は雨上がりのぼんやり天気。泥濘の中でコンクリート打設を強行されないかドキドキしていましたが、どうやら先送り。更に翌日の天気予報は「晴」なので、工事が進捗する可能性が大ですが、この日は外せない仕事で休めません。コンクリート打設を見たかったのですが、困りました…。

諦め半分の気分。
posted by こうへい at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

型枠仕事

鉄筋が組み上がった後は、型枠仕事。

ボクの仕事現場で見る型枠は、ほとんど汎用性のない一点ものの型枠なので木製型枠ばかり。現場で職人さんが大工仕事で作り上げるものですが、我が家に組み上げられたのは鋼製型枠。型枠にはアンカーボルトを固定する金具が取り付けられており、決まった位置にピッタリ立ち上がるようになっていました。

職人の手の善し悪しが出にくい工夫ですね。
posted by こうへい at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天気が心配

工事工程がちょっと心配。

鉄筋が組み上がってしまえば、あとは型枠を仕上げて、コンクリート打設するだけ。天気さえ良ければ二、三日中には行けそうな感じですが、肝心の天気はいまいち宜しくない感じ。コンクリート打設の日はちょっと見ておきたいところですけど、天気で工程がズレると、外せない仕事で立ち会えません。

毎日、刻々と変わる天気予報とにらめっこです。
posted by こうへい at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄筋組立

基礎の鉄筋が組み上げられました。

点々と据えられていたモルタルの上に治具を設置して、鉄筋がしっかりと固定されていました。配管類が基礎を貫通する部分は箱抜きされ、その廻りの鉄筋補強もきっちりされていました。鉄筋同士の結束も漏れなく施工されていましたし、かぶり厚を確保するためのスペーサーも適切に配置されていました。

仕事も速い感じ。
posted by こうへい at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

地盤掘削2

夜の散歩を兼ねて、毎夜の現場観察。

掘削されたところには防湿フィルムが敷き込まれ、そこに砕石が入れられて転圧された状態。その上に鉄筋を乗せるためのモルタルが点々と据えられていました。モルタルは綺麗にレベル出しをしたらしく、上部がピッタリと揃えられていました。敷地の片隅には既に鉄筋の一部が搬入済み。

明日から鉄筋組立かな。
posted by こうへい at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地盤掘削1

天候がいまいち思わしくありませんが、現場は進められています。

基礎の形状に合わせて地盤が掘削されていました。思ったよりも深い感じがしなかったのは、既に砕石が敷き込まれていたからでしょうか。掘削幅を見ると、フーチングもかなり大きくなることが見て取れます。敷地が広いので、掘削土はまだ敷地内に山積みにされていますが、かなりの土量です。

丁寧な仕事をしてくれているようです。
posted by こうへい at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準備工

地鎮祭の後の現場は、やや放置気味。

毎日のように現場に立ち寄るのですが、少しずつ少しずつ何かが変わっている様子。前日との間違い探しをさせられているみたい。敷地境界の工事用フェンスが整備され、仮設水道の水栓が建てられ、仮設電力の引込みポールが建柱され、仮設トイレが持ち込まれ、入口部分に敷き鉄板が敷き込まれました。

いよいよ本格的に工事着手しそう。
posted by こうへい at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。