2010年07月31日

エアコン不良

猛暑の七月にやる引越し作業は過酷です。

暑いのは覚悟してましたけど、休憩するときくらいは涼しい場所で休みたい。部屋数よりも住む人間の数を優先してエアコン取付をケチったので、二階のエアコンは一部屋だけ。作業して汗だくになって、さて休憩とばかりにエアコンを操作するも、ピクリとも動きません。施主検査の時には確かに動いていたので、ボクの操作が悪いのかと取扱説明書を読んだりしましたけど、結局原因は分かりません。エアコンの自己診断機能を動かすと、修理依頼しなければならないみたい。

ひょっとして、引渡し後の故障だと有償?!
posted by こうへい at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いざ新居!

いよいよ引越し当日です。

あわよくば前日の午後は休みを取って、最後の荷造りをやろうと思っていたのですが、仕事はなかなか思うように進められず、休む計画は断念。前日の夜は疲れて早寝してしまったので、当日の朝から最後の荷造りをする羽目になりました。
引越しも二度目となれば、母もボクもだいたいの段取りや注意点は心得たもの。搬出側と搬入側でテキパキと業者に指示をして、取り敢えず荷物の移動だけは完了させました。

荷解きは直営作業で。
posted by こうへい at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷蔵庫到着

引越しに先立ち、購入した冷蔵庫を先に搬入してもらいました。

引越しでごった返している中で電器屋さんに搬入据付してもらうのも気の毒ですし、先に冷蔵庫が動いていれば、今ある冷凍食品などを移し替えるのも楽チンです。
実際に新居の定位置に据えられた冷蔵庫は、なかなかの栄え具合。ボクにはしっくり来るとは思えなかった色合いも、我が家のために作ったかのような収まり。母によると、搬入した電器屋さんも絶賛していたとのことで大満足。

良い買いものが出来たようです。
posted by こうへい at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

即日抗議

いつもは見送られる側だったのが、今日は見送る側。

引渡しの手続きを無事に終え、メーカーの人々を見送った後、新居の中をあちこちウロウロと再確認。と同時に、母と引越しの段取りを打合せ。どこから荷物を入れてもらって、どこに仮置きしてもらうかを、だいたい決めておきました。
一段落してそろそろ帰ろうとしたとき、初トイレだと勇んでトイレに行った母が発見しました。施主検査のときに紙巻き器やウォシュレットのリモコンの位置を決めたのですが、その日のまま紙巻き器もウォシュレットのリモコンも床に転がってました。未施工に憤慨。

引越日までに取付完了させるよう、即日抗議しました。
posted by こうへい at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引渡し

いよいよ引渡しです。

主要な住宅設備に関する簡単な説明を聞いた後、大量の書類群の説明と引渡し。そして、それらの書類受取りの署名と捺印。たくさんありすぎて、最終的には何が何やら良く分からん感じでしたが。とにかく、たくさん署名して、たくさんハンコ押しました。
最後の最後に、玄関、勝手口、門扉などの鍵類一式を引渡しして、手続きは完了。「これ以降の責任は○○様ですので…」とお決まりで念を押す営業担当。

遂に、ボクの家が出来ました。先祖に感謝。
posted by こうへい at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最終支払い

引渡しの前に最終支払いです。

引渡日が決まって以降、資金を掻き集めていつでも支払いできるように準備万端で待ち構えていたのですが、支払いに必要な請求書類が届きません。引渡日が迫ってくる中、メーカーから連絡。
「現場担当の手元に届いていたのですが、送付されてませんでした」
と届いたのは引渡日ギリギリの段階。結局、金融機関の窓口に出向ける日は引渡日当日のみ。朝一番に銀行窓口に飛び込み、何とか引渡しに間に合わせました。

実に呆気なく、ウン千万円の資金がボクの口座から消え去りました。
posted by こうへい at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業者決定

契約締結を渋っていたボクですが。

旧居から仮住まいに引越ししたとき、不要品処分が随分とあって処分費が随分と掛かりました。とは言え、仮住まいで処分するものもそれなりにあり、それ以外の荷物にそれほど大きな差があるわけではないことを考えると、前回の四割程度になっている見積額は破格の安値(前回が高かっただけかも知れませんが)。
見積り以外の支払いが発生しないことを確認し、他社への断り連絡をしてもらうことを条件に契約締結することにしました。

随分お得に契約できました。
posted by こうへい at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訪問見積り

引越しの訪問見積りの日。

休みの日の朝九時に伺いますとは、一社目はなかなかのヤル気(汗)。家の中の運ぶもの、捨てるものをザッと確認して、見積りシートで積み上げ。概算金額が出たところで営業担当の本領発揮。
「ボクも見積りだけして、このまま帰るわけには行きません。幾らやったら契約してもらえますか?」
比較サイトからの見積り依頼なので、この後に他社が見積りすることも分かっての交渉。
「いま決めてもらえるなら、ここまで頑張ります」
と破格値を提示。

せっかく比較見積りを手配した手前、即決するのはちょっと…。
posted by こうへい at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

色調確認

概ね絞り込まれた冷蔵庫ですが、最後は色の確認。

第一候補の冷蔵庫には二種類の色しか用意されておらず、そのどちらの色も微妙な感じ。一方はどこにでも合わせられそうな、無難な感じのシルバーグレイ調。もう一方は、置く場所や使う人の好みが分かれる、落ち着いた深い赤茶系のワインレッド調。てっきり母はシルバーグレイなほうを選ぶと思いきや、実物の二色を確認してワインレッドに即決。ボク的にはどうかと思ったので何度か再考を促しましたが、判断は覆らず。

母のセンスを信じるとしますか。
posted by こうへい at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引越見積り

仮住まいへの引越しも丁寧だったので、同じ業者でも良かったのですが。

引越しなんてそうそうすることもありませんけど、ネットからの見積り依頼でポイントが付くというので、数少ない機会なのでポイントサイト経由で大手三社に見積り依頼をしました。送信ボタンを押した直後から、それぞれの会社の営業担当から次々と電話が入り、三十分と経たない間に三社との訪問見積日が決まってしまいました。
「どこかで見てたんちゃうか?」
と思うほどの超速攻には、業界の厳しさが少し垣間見えました。

数少ない機会というのは先方にとっても同じようで(汗)。
posted by こうへい at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レンジ買替え

レンジの買替えも決定。

いま使っているレンジは、ボクが下宿生活から持ち帰ったレンジ。もう二十年近くも使っている骨董品です。もう買替えても罰は当たらないだろうと、買い替えすることはすぐに決まったものの、最近のレンジがどういうものか良く分からない(笑)。カタログを集めてきて睨めっこ。「オーブン機能がある方がイイ」だのと息巻いていた母でしたが、
「操作の複雑なん使いこなせるん?」
というボクの一言で一気に意気消沈。コンビニの片隅にあるような単機能なのでイイと言い出しました。

難しいお年頃(苦笑)。
posted by こうへい at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷蔵庫買替え

耐久消費財手配の第一は冷蔵庫。

今の冷蔵庫は十数年前に購入したもの。容量や機能に致命的な欠陥があるわけではないのですが、小柄な母が使うにしては背が高く、冷蔵庫上部の収納が十分に活用できていません。ピカピカの新居に、もはや掃除しても綺麗にはならない薄汚れた冷蔵庫を持ち込むことにも抵抗がありましたし、省エネ性能の向上やエコポイント制度などを考えて、買い替えを進めることにしました。

機種は絞り込んだのですが、色にこだわる母が納得するかどうか…。
posted by こうへい at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引越し準備

施主検査も終わり、引渡日が決まると、次は引越し準備です。

必要最小限しか荷物はバラしていないので、荷造りは比較的簡単に済むと思っていますが、それは逆に言えばギリギリまで梱包できないものばかりということ。取り敢えずは、新居に持ち帰るものと、仮住まいで捨てていくものの仕分け作業、それと平行して引越しに合わせて新居で準備しなければならない家財の手配作業です。ある程度、作業の目処が付いたら引越し業者に見積りもしないと。

忙しくなります。
posted by こうへい at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紙巻き器

一階のトイレでは、敢えて(?)未施工が残してありました。

紙巻き器やウォシュレットのリモコンをどこに取り付けるかは使う人の好みがあるとのこと。旧宅では右側に紙巻き器がありましたが、仮住まいでは左側。深く考えたことは無かったですが、こだわる人はこだわるみたい。実際に使用頻度の一番高いであろう母が現地で確認。手摺りと紙巻き器とリモコンの位置関係を確認しながら、実際に便座に座ってみて位置確認。

「ココ!」って位置を指示してました(笑)。
posted by こうへい at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目隠しフェンス

外構廻りでもう一件、母の指摘。
「敷地北側の目隠しフェンスは、境界全体に取り付けられると思っていた。両端が中途半端に切れているのは、未施工なのか?」
こちらは図面で確認すると、どうやら図面どおり。北側に目隠しフェンスが付くのは分かっていたけど、その延長までは注意していませんでした。境界延長からするとフェンス延長は3m弱ほど足りず、両端が少しずつ開いた格好。

追加工事として対応してもらうことになりました。
posted by こうへい at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬼門の隅

外構イメージが少し違うと母が言い出しました。
「鬼門にあたる敷地の北東角にはキンモクセイを植えようと思っていた。キンモクセイの植栽まで契約の範囲に入れたかどうかは覚えていない。植えられるように土のままだと思っていたのに、一面、土間コンが打たれている」
というものでした。現場担当が図面を確認すると、確かに土間コンの一部を切り欠いて植栽を植えることになっていました。これには現場担当も平謝り。引渡日までに手直しするとのことで決着。

おぼろげな記憶だけで誤りを指摘するとは、なかなかやる母。
posted by こうへい at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェード長過ぎ

施主検査の時に、先方から確認のあったのは二階のローマンシェード。

窓はすべり出しの窓なので、窓の下辺は腰の高さくらいまでしかないのですが、取り付けられていたローマンシェードは床まである長いもの。隣に床近くまである大きな窓があるので、同じように床まであるとシェードを下ろしたとき、室内側から見た統一感があるのは確か。しかし、すべり出し窓の下に、チェストなどの家具を置こうとすると、長いシェードは邪魔になってしまいます。

現地でウンウンと悩んだあげく、窓の大きさに再加工してもらうことにしました。
posted by こうへい at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

施主検査

引き渡し前の施主検査がありました。

発注図どおりに出来ているかを確認するため、本来であれば図面と見比べたりしながら、細かなチェックを行うべきところ。しかし、事前準備をする時間がほとんど取れていなかったので、見るべきポイントを押さえるどころか、当日も手ぶらで行ってしまう有様(^^;)。こちらから「ここを確認しておきたい!」という指示も事前に出来ていなかったので、単なる小一時間の現場見学と事前説明で終わってしまいました。二、三の疑義はありましたけど。

後から問題が出なければ良いのですが…。
posted by こうへい at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想・主観 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。